カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS

2018.09.06 北海道地震によるお荷物のお届け遅延について

このたびの北海道の地震で被害を受けられました皆様に、心からお見舞いを申し上げます。現在、北海道の一部地域にて荷受停止、配送遅延が生じております。詳しくは、配送会社ホームページにてご確認くださいませ。 → こちら

2018年【母の日】新茶【静岡茶・掛川茶】ギフト


2018年母の日に贈る



【母の日】は2018年5月13日(日)


母の日 新茶【静岡茶・掛川茶】ギフト





















母の日とは

日本では、5月の第2日曜日を母の日とする(国によって日程が異なる)。母親に感謝する日としてカーネーションや贈り物を送ることが多い。

起源としては、現在のような日本の母の日の由来はアメリカの説からきたものと考えられています。

190559日、アンナ・ジャービスという人が「亡き母を追悼したい」という想いから、1908510日、フィラデルフィアの教会で白いカーネーションを配った。この風習がアメリカのほとんどの州に広まり、1914年その時のアメリカ大統領だったウィルソンが5月の第二日曜日を母の日と制定し、国民の祝日となりました。

この他に古代ローマ時代、神々の母リーアに感謝する春祭りからとする説や、17世紀のイギリスで、「復活祭」の40日前の日曜日を「マザーズ・サンデー」とし、母親と過ごすために出稼ぎ労働者を里帰りさせていた事に由来する説もあります。

日本で、母の日が行われ始めたのは、青山学院(当時)教授のアレクサンダー女史によって紹介されたといわれている。31(昭和6)には、皇后の誕生日である36日が母の日とされたが、戦後になり、改めて5月第2日曜日が母の日であると定められた。


日本で母の日が広まっていったのは、大正に入ってからで教会で行われるようになり一般にも少しずつ広まっていった。さらに昭和に入り、お菓子メーカーが告知をしたことで全国的に広まったと言われている。

ちなみに、毎年約100万人の「お母さん」が生まれている計算になります。彼女たち新米ママは、これからどんな子育てを経験し、どのような「お母さん」になっていくのでしょうか。きっと素敵なお母さんになって心に残る母の日を迎えられる事でしょう。

5月になると、静岡ではちょうど新茶の時期になります。毎年、摘みたての新茶を母の日に贈られる方が増えております。新社会人の方や、まだプレゼントを贈った事がない方、毎年何を贈ろうか悩んでいる方へ、日頃の感謝の気持ちを込めて、母の日に新茶のプレゼントにおすすめいたします。

ページトップへ